巨匠の合唱曲 浄書

おなじみの童謡をたくさん作曲した巨匠の合唱曲を浄書。

データ完成したので最終チェックいただいています。
ひとまず、区切りもついたし天気もいいので図書館に詩を見に行きましょう♪

会社訪問


会社訪問。
お気に入りのバッグに楽譜を入れて出かけました。

 
 

混声合唱曲「黒いゴムマリの歌」 グリーンウッドハーモニーの皆さんの演奏

グリーンウッドハーモニー(TFF+α)の皆さんに演奏していただいた「黒いゴムマリの歌」です。
 
Youtubeにリンク 混声合唱曲「黒いゴムマリの歌」
 試聴する←クリック

このテンポで演奏するのも良いですね。
今井邦男先生にも演奏ご指導いただき、充実した楽しい練習を経て本番に至りました。
 
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

「臍」(混声合唱組曲「春とおないどし」より)の練習

 

栃木での集まりで、拙作の「臍」(合唱組曲「春とおないどし」より)を練習してもらいました。(詩:新川和江/作曲:安藤寛子)

楽譜が音になる感激は毎度のことで、勉強になることもたくさんありました。
集まってくださったのは、とても音取り&アンサンブルを創り上げるのが早い皆さん。
ご協力ありがとうございます。演奏、よろしくお願いします!


MIDIのイメージ音源
 ↓

お菓子のプレゼント!

本日、内輪で頼まれていた編曲(?)の練習をしました。

面白い仕上がりになりそう。




お菓子をいただきました。嬉しいー!

さだまさし 男声合唱編曲 出版~DTPチェック~

 

上記の演奏会で初演予定男声合唱編曲 出版決定のお話しです。


さだまさし氏の楽曲を管理している事務所より最終許可もでましたので、出版の準備にいそしんでいます。

本日、DTPチェック
印刷までの行程も進んできました。

パナムジカ様で10月中旬からお取扱い開始になる予定です。
また決定しましたらブログやホームページでお知らせします。


合唱楽譜通販サイト


以下、自分用メモ
(入稿直前の記録:親切臨時記号のチェック)


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

昨日、入稿終わりました。

10/15に出版される男声合唱の編曲モノ、昨日、入稿終わりました。

さだまさしさんの名曲のアレンジです。(タイトルはまだ内緒です。)

初演は10/14 コールヴァフナの第29回演奏会にて。
みなとみらいホール(小ホール)で開催されます。

パナムジカのメルマガには、10/19に掲載される予定です。

今回もお世話になるリトアニアの出版社ミエラハルモニアの男声合唱譜は表紙がブルーです。(混声合唱はグリーン。)


にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

20世紀の名曲を歌う会 リハ見学

岐阜県で開催される「20世紀の名曲を歌う会」のリハーサルを見学しに行きました。

予定プログラムは下記の通り。
1 「水のいのち」(高田三郎)
2 「風のうた」(大中恩)
3 「追分節考」(柴田南雄)
4 「土の歌」(佐藤眞)


「追分節考」のリハーサルを拝聴できたことは、大変有意義な体験になりました。
楽譜を見ずに聴いても面白く、楽譜を見ながら聴いても面白い作品。

普通の合唱曲ではなく、変わった仕組みで演奏されます。

楽譜には、半ページ、またはもっと短い旋律やコーラスが複数掲載されており、各小曲にそれぞれ「お」や「い」などの記号が割り振られています。

指揮者は、各記号が表示されたウチワを時に1つ、時には複数掲げ、歌い手は記号通りの曲を歌います。
歌う場所はステージのみならず、客席も使います。

あるグループは、記号「お」の楽譜を歌い、またあるグループは、記号「い」の楽譜を歌う。つまり、色んな曲がごちゃごちゃに混ざり合って流れるのです。

ウチワを掲げる時間、全体の演奏時間、ウチワの組み合わせ、などは指揮者に委ねられており自由。

団員は、ウチワの表示を次から次へと確認して、歌い分けます。

この楽曲の大きな特徴としては、尺八のパートがあることです。
追分節考を1000回以上演奏されているという関先生の尺八は、美しく、どこか懐かしさを感じさせる素晴らしい演奏でした。

リハーサルを見学できてよかった、と申しますのは、なかなか面白い仕組みの曲のため、歌い手がウチワの表示に戸惑うというトラブルが起こったり、歌う場所、並び方によって、耳に届く時の効果が全然違うことを試している段階を、共に体験できたからです。

うまくいかない時の演奏は、意味不明で、ごちゃごちゃした音楽であったのに、だんだん演奏が整理されていくことによって、まるで自分がどこかの村にいて、遠くから尺八の音やお座敷歌が聴こえてくるような、風景が見えるような不思議な体験ができる楽曲であることがわかります。

本番当日の演奏もきっと素晴らしいものになると思いますが、リハーサルで作り上げていく過程を見れたことが、もう何より感激しました。
遠かったけど、岐阜に行って本当によかった!
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

声のメンテナンス

本日はH山先生の個人ボイトレでした。

どうも調子が悪かったのを、よい感じにメンテナンスしていただきました。

ボイストレーニングの呼吸や「どこに当てるか」などの感覚など、先生によって色々アプローチが変わるけれど、結局、声がストレスなく、よい状態で出せるのが正解なんですねぇ、と、お話ししました。

2013年東京都合唱コンクール 9/16

第68回東京都合唱コンクールにて、我々CANTUS ANIMAEが、金賞、東京都合唱連盟理事長賞、東京都知事賞をいただきました。



本番はとにかく客席の方に語りかける気持ちを大事に演奏をしました。

良い結果、嬉しいです。



審査員特別賞もいただいたそうです。
すごい!