ネットラジオ放送用インタビューを受けました

Miela HarmonijaのY氏が、ネットラジオ放送のためのインタビューに私を訪ねてきてくださいました。
「黒いゴムマリの歌」の作成秘話や、演奏へむけての想いを語りました。

Ensemble Seedの皆さんに「黒いゴムマリの歌」を演奏していただきました(第24回ぎふヴォーカルアンサンブルコンテスト) 

第24回ぎふヴォーカルアンサンブルコンテストにて、Ensemble Seedの皆さんに「黒いゴムマリの歌」を演奏していただきました。

「20世紀の名曲を歌う会」でお友達になったT君達による演奏です。
遠い岐阜の地で演奏されることに胸が熱くなります。

結果は銀賞、おめでとうございます!!

五線譜に描いた夢 日本近代音楽の150年 - 東京オペラシティ

念願の「五線譜に描いた夢 日本近代音楽の150年 - 東京オペラシティ」に訪れることができました。
じっくり見ようと思ったら、いくらでも時間をかけて見れそうな興味深い企画です。

一人で、もしくは音楽を楽しむ仲間で来れば、かなり楽しめる内容。「西洋音楽が、どのように日本入り、発展していったか」を知り、味わうことができます。

展示は19世紀から始まります。

鎖国中の江戸時代、宣教師や黒船来航の軍隊の楽隊から西洋の音楽を観聴きした江戸〜明治の人々。

ヘボン式ローマ字でおなじみのヘボンさん(宣教師)
ヘボン夫妻のオルガンに合わせて、始めは英語で、後に日本語で讃美歌を歌う人々。


日本人は、欧米の軍隊を真似して、楽隊も組織したそうです。
ユーフォニュームかホルンのお化けのような「ヘリコン」という楽器、トランペットのような「ビューグル」も展示されています。

宮内省の雅楽を行う伶人(楽師)も、19世紀に西洋音楽を吸収していったとのこと。

分厚い「明治九年天長節奏楽目録」や君が代の楽譜などが展示されています。
君が代の楽譜は、五線譜(Desの調)に書かれたものと、何やら尺八の譜面のように縦に書かれたものがあります。

1879年にボストン留学から帰った伊澤修二を迎えて、現代の東京藝術大学の元になる音楽取調掛が作られて、小学校、中学校の音楽教育の実施の準備が始まったとのこと。


以前、私は子供向けの音楽商品のアレンジの仕事をしておりました。その関係で、ずっと「小学唱歌集」や「尋常小学校唱歌」を見てみたかったのですが、実物を見れて感激です。当たり前ですが、広く知られている童謡が載ってますね。
この時の童謡が今でも歌われているというのは名曲なんですよねぇ。

初めて日本の曲が、五線譜化された「箏曲集」も展示されてます。中身は見られませんが、箏の綺麗な絵が書かれている表紙が見られます。

そして、滝廉太郎ら器楽作曲者の登場。

日本の国家「君が代」が3種類あるのも驚きです。
フェントンの作曲した「君が代」は、今、私達が歌っているメロディとは全然違います。アウフタクトの部分などがあり、西洋的です。

その後も、沢山の直筆譜が見れて、感激です。
全部見るには本当に時間が足りない。もう一回来れるかしら。


あぁ、それにしてもオペラシティのアートギャラリーは、ヒノキのようないい香りがして癒されます。
荷物も返却式ロッカーに預けられるし、ゆっくり楽しむことができました。


楽しい演奏会を思い出して。

コールヴァフナの「マリちゃん」さんが、さだまさしの関白失脚のことをブログで書いていらっしゃいます。

http://chorwafna.seesaa.net/s/article/382494384.html

楽譜の紹介もありがとうございます。
http://wafna.net/concert/

パナムジカ2014 カタログ

拙作を掲載いただきました。







<結果発表>千葉県文化会館にて、平成25年度 第66回全日本合唱コンクール全国大会

CANTUS ANIMAEはシード金をいただきました。
※その他、結果発表は下部



本日、CANTUS ANIMAEで演奏参加いたしますのは「平成25年度 第66回全日本合唱コンクール全国大会」。よい演奏ができるようがんばります。


全国の合唱愛好家達が千葉に集結します。

合唱楽譜の通販サイト「パナムジカ」が会場で出店されております。

拙作もお取り扱いありますので、ぜひお手におとりください。



///
さて、【結果発表】

■同声合唱の部■
シード金/合唱団お江戸コラリアーず
銅/徳島男声合唱団「響」
銀/HBC少年少女合唱団
銅/女声合唱団はづき
銅/合唱団Le Grazie
銀/HIKARI BRILLANTE
銅/うとう女声合唱団
金/創価学会しなの合唱団
金/女声合唱団フィオーリ
銀/Luna Voce
銀/湘南はまゆう


■混声合唱の部■
銅/合唱団ぽっきり
銅/合唱団こぶ
金/淀川混声合唱団
シード 金/CANTUS ANIMAE
金/新日鐵住金混声合唱団
銅/浜松合唱団
銀/グリーンウッドハーモニー
銀/会津混声合唱団
銀/合唱団ノースエコー
金/ヴォーカルアンサンブルEST
銀/VOCE ARMONICA
銅/THE GOUGE
銀/クールシェンヌ
銅/混声合唱団うたうたい


私はESTさんの「アレルヤ(ウィテカー)」に感動して、すぐパナムジカさんのブースで楽譜を買い求めました。
素晴らしい演奏でした。曲も素敵、大好きになりました。

装飾音符が民謡のコブシのようでもあり、和音、旋律も心を高揚させてくれました。

浄書 DTPチェック完了

本日、大御所先生の楽曲の浄書(DTPチェック)が完了しました。

曲も詩も魅力的な楽曲です。
お楽しみに!

ブレスのとりかた

歌でもピアノでも、ブレスのとりかたというのは基本であり、とても大切なことだと改めて感じさせられた有意義なレッスンを受けました。

ブレスのとりかた一つで、大部分の問題が解決しました。

音楽の表現を深めるのには、応用的なテクニックが必要かと思ったら、逆に、その度に基礎に立ち戻ることが必要なのだと噛み締めながら、皆で話しました。

歌と向き合うのに重要なヒントをもらったので、残りの練習に出て、音楽がどう変わっていくのかが本当に楽しみ。

2冊入る 測量野帳カバー(バタフライストッパー付)



メモ帳として使っている測量野帳が2冊入るカバーをオーダーメイドしました。
ほぼ日手帳と同じ「バタフライストッパー」が付いているものです。

http://ameblo.jp/cokeco/entry-10768852976.html

本来、測量士の方が使うために作られたノートで、耐久性「立ったままで記入しやすい」という利点があります。
今まで、ほぼ日手帳を使っていたのですが、荷物が増えてしまって持ち歩かなくなり自宅での絵日記帳になってしまったため、代わりの手帳としてたどり着きました。

<測量野帳のストックの写真>



<測量野帳 カレンダー>


 

浄書 付点のルールについて調べる



付点を付ける位置のルールについて確認したい事が出てきたため、Music Notationを開きます。



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村