*カテゴリー*
過去の日記
略歴

作曲家の秦万里子氏に師事したことをきっかけに作編曲を始める。
東京音楽大学作曲指揮専攻映画・放送音楽コースを卒業。
作編曲・音声制作・譜面制作を手がけた商品は270件を超える。
作曲・編曲の依頼を受け制作、また、ラウンジピアノ、DTMによるBGM制作等、ジャンルを問わない柔軟な姿勢で活動の幅を広げる。
長年歌い手として参加している「合唱」の作曲については特に大切に考え、力を入れている。
作曲を堀内貴晃氏に師事。
JASRAC会員。

<代表作>
「黒いゴムマリの歌」
「系図」
(Miela Harmonijaより出版)

QRコード
qrcode
ブログパーツUL5
<< 【委嘱初演情報】混声合唱曲「智恵子の手紙」 CANTUS ANIMAE20thコンサート | main | 混声合唱曲「智恵子の手紙」(5/8 CANTUS ANIMAE20thコンサートにて発表。 ) >>
コーラスめっせ2016 拙作編曲作品を聴きに。
「コーラスめっせ2016」という大きな合唱イベントにて、私の編曲作品が演奏される!指導者講習会の課題曲になっている!ということで聴きにうかがいました。


◆アトリウムコンサートでは、男声合唱団銀河の皆さんが拙作「関白失脚」を演奏してくださいました。
「その時の演奏がYOU TUBEにアップされているよ。」と親しい方に教えていただいたのでご紹介します。
コチラ

https://www.youtube.com/watch?v=4-xOtotpHXY

使用楽譜はこちらです。


演奏後、男声合唱団銀河の皆様にご挨拶に伺いました。
初対面にも関わらず気さくにご交流いただき、なんと写真撮影にも混ぜていただくこととなりました。


銀河ポーズ!!

天川雅俊先生、銀河の皆さん、ありがとうございます。


その後は、相澤直人先生の作曲講座を聴かせていただきました。
わかりやすく笑いが耐えない楽しい講座でしたよ。
最後に「ぜんぶ」の元となったピアノ曲をご披露いただき、曲に歴史あり…と感慨深く聴かせていただきました。


指導者講習会では、伊東恵司先生と相澤直人先生の指揮を中心としたご指導でした。
指揮をこれから勉強していきたい方、数年学年指揮者を勤めた方等がモデルになっての講座で、私は指揮のことは初めて知ることも多く勉強になりました。

課題曲は下記の楽譜集から2曲、「箱根八里(三好真亜沙 編曲)」「朧月夜(安藤寛子 編曲)」が取り上げられました。

 
最後に編曲者としてご紹介いただき、感想を述べました。
勉強になることばかりで、参加してよかったです。


最後に、よどこんの演奏を聴かせていただきました。
日本の唱歌はどれも美しい、と再確認させられる良い演奏でした。

また来年も聴きに行きたいです。
 
| 編曲 | 18:25 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://anhiro.anhiro.net/trackback/137
トラックバック