*カテゴリー*
過去の日記
略歴

作曲家の秦万里子氏に師事したことをきっかけに作編曲を始める。
東京音楽大学作曲指揮専攻映画・放送音楽コースを卒業。
作編曲・音声制作・譜面制作を手がけた商品は270件を超える。
作曲・編曲の依頼を受け制作、また、ラウンジピアノ、DTMによるBGM制作等、ジャンルを問わない柔軟な姿勢で活動の幅を広げる。
長年歌い手として参加している「合唱」の作曲については特に大切に考え、力を入れている。
作曲を堀内貴晃氏に師事。
JASRAC会員。

<代表作>
「黒いゴムマリの歌」
「系図」
(Miela Harmonijaより出版)

QRコード
qrcode
ブログパーツUL5
<< 2016年1月から混声合唱曲「高村智恵子の手紙(仮)」の練習が始まります。 | main | 委嘱曲 練習立会い2回目 >>
【finale】pdfでエクスポートした際に、欄外に数字が表示される問題について
楽譜作成ソフトfinaleで「PDFエクスポートした際に欄外に数字が表示される問題」が頻繁に起こるのでカスタマーセンターに質問をしました。

お困りの方もいらっしゃるかもしれませんので、内容を記載しておきます。

 
ご不便をおかけ致しまして誠に申し訳ございません。

Windows環境でのPDF書き出しでは、連符とスラーなどが多くある楽譜において連符の数字が
ページの下部に表示されてしまう不具 合が確認されております。

ご指摘頂きました問題に関してWindows環境のFinale 2012,2014にて事象を確認しておりますが、
現時点では問題の解消が行われていない状態です。

また、根本的な問題の解消方法がないため、問題が起こった場合には、お手数ではございますが下記の方法にて問題の回避をお試しください。 ご不便をおかけ致しまして誠に申し訳ございません。

連符の数字を隠して代用の数字を「アーティキュレーション」ツールにて記号として配置することで問題の回避をお試しください。

・複数の連符の数字を隠すには 編集したい小節を選択ツールで選択し「ユーティリティ」メニュー> 「変更」>「連符」を開き「数字:」を「表示しない」に変更します。 「アーティキュレーション」ツールにて新しい記号を作成します。 連符の数字には「Times New Roman 12 太字 斜体」が設定されています。 また、「PDF」ではなく「XPS」形式でファイルの書き出しを行った場合 に問題が回避できるかをお試しいただけますでしょうか。


【XPSファイルについて】 「XPSファイル」とは、Windows Vista以降のOS(Windows Vista/ Windows 7/Windows 8)に標準搭載されている「Microsoft XPS Document Writer」を使用して書き出した「.xps」形式のファイルを指します。 Finaleにて、「Microsoft XPS Document Writer」を使用してXPSファイ ルを書き出す場合には、Finaleで該当の楽譜を開いた上、「ファイル」 メニュー>「印刷」を開きます。 「印刷」画面の「セットアップ」ボタンをクリックすると「プリンタの 設定」画面が表示されるので、「プリンタ名」欄をクリックして 「Microsoft XPS Document Writer」を設定して「OK」ボタンで画面を 閉じます。 「印刷」画面に戻るので、そのまま印刷を行います。

※操作が不明な場合には、以下のサイトもあわせてご参照ください。

■参考ページ(下記のページはMicrosoft社のサポートサイトです) ・「ここでは、XPS ドキュメントに関してよく寄せられる質問に対する 回答を示します。」 http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/XPS-documents-frequently-asked-questions ・「XPS Document Writer に出力するには」 http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Print-to-the-Microsoft-XPS-Document-Writer 書き出したXPSファイルを右クリック>「プログラムから開く」> 「XPSViewer」を選択すると「XPSViewer」が起動して楽譜が表示されま す。

※「プログラムから開く」メニュー内に「XPSViewer」が表示されてい ない場合には「規定のプログラムの選択」から「XPSViewer」を参照し てください。 ★

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村  
| 浄書 | 08:28 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://anhiro.anhiro.net/trackback/132
トラックバック