*カテゴリー*
過去の日記
略歴

作曲家の秦万里子氏に師事したことをきっかけに作編曲を始める。
東京音楽大学作曲指揮専攻映画・放送音楽コースを卒業。
作編曲・音声制作・譜面制作を手がけた商品は270件を超える。
作曲・編曲の依頼を受け制作、また、ラウンジピアノ、DTMによるBGM制作等、ジャンルを問わない柔軟な姿勢で活動の幅を広げる。
長年歌い手として参加している「合唱」の作曲については特に大切に考え、力を入れている。
作曲を堀内貴晃氏に師事。
JASRAC会員。

<代表作>
「黒いゴムマリの歌」
「系図」
(Miela Harmonijaより出版)

QRコード
qrcode
ブログパーツUL5
<< 【編曲のお仕事】カワイ出版「スチューデント・ソングブック2」-アカペラ合唱 | main | 2016年1月から混声合唱曲「高村智恵子の手紙(仮)」の練習が始まります。 >>
委嘱曲試演 と 作曲過程の説明
某合唱団で委嘱曲の試演をしてもらいました。来年の5月が本番
約50名が歌う混声合唱曲です。


今回は、私も勉強させていただきながら、合唱団員の皆様にも"曲ができあがるまでの過程"を知って楽しんでいただく、という企画です。



私は中学生の時に作曲を始めました。
その時は(作曲って
どうやってやるんだろう。どうやって勉強していけばいいんだろう。)とわからないことだらけでした。
もちろん今も謎多き作曲の世界であることに変わりありませんが、自分の拙い経験とレッスンで学んだことをかき集めて、皆にどのように作曲をしたのかを話しました。きっと伝えたのは、中学生の時の自分に向かって伝えたいことだったと思います。

耳を傾けてくださった団員の皆さんと、様々な例をあげて話を補足してくださった先生に感謝!



団員の方が、前で説明する私の写真を撮ってくださいました。
| 作曲 | 12:44 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://anhiro.anhiro.net/trackback/129
トラックバック