*カテゴリー*
過去の日記
略歴

作曲家の秦万里子氏に師事したことをきっかけに作編曲を始める。
東京音楽大学作曲指揮専攻映画・放送音楽コースを卒業。
作編曲・音声制作・譜面制作を手がけた商品は270件を超える。
作曲・編曲の依頼を受け制作、また、ラウンジピアノ、DTMによるBGM制作等、ジャンルを問わない柔軟な姿勢で活動の幅を広げる。
長年歌い手として参加している「合唱」の作曲については特に大切に考え、力を入れている。
作曲を堀内貴晃氏に師事。
JASRAC会員。

<代表作>
「黒いゴムマリの歌」
「系図」
(Miela Harmonijaより出版)

QRコード
qrcode
ブログパーツUL5
<< 「系図」、またまた再演の機会をいただきました。 | main | 新潟「花嫁人形コンクール」スピアの入賞に拍手! >>
茂原混声合唱団「四季」さんの練習を見学
2014年10月12日に、拙作「系図」を歌ってくださる茂原混声合唱団「四季」の練習を見学にうかがいました。


降りたったのは千葉県茂原市。


(駅前にて。)


日中は茂原市に住む友人の赤ちゃんに会いに行き、その後、大好きなパン屋「あんぽんたん」でお腹を満たして、練習会場へ向かいました。





温かく迎えていただきありがとうございます。長生高校コーラス部のOBOGの皆さんも参加してくださいました。


練習を聴かせていただき、曲を作った経緯やユーモアを込めて演奏していただきたい部分の解説をいたしました。


指揮の中川先生が、曲中に出てくる言葉(特に「くたばった」などお上品ではない言葉)に関して、丁寧に言葉作りをされていたのが印象的でした。

無意識に歌うと、乱暴な言葉というのは乱暴であるがゆえに聞き取りにくくなったり、雑になったりしがちなので、意識的に言葉の持つ粗野な感じは失わずに表現できると曲の完成度は高くなるなぁ、と勉強になりました。

最後のページの「B.O.」については、どのように歌うか質問を何度か受けてしまいました。反省。
自分が三善晃先生の曲を歌う機会が多いため、B.O.が一般的と少し勘違いしていたところがありまして、出版時に脚注をつけるか、別の表現でお伝えできればよかったかなと思う点です。

「系図」の最後のページの「B.O.」は「a」と「o」の中間音のような発音を欲しています。なめらかに母音が移り変わって欲しいと思っています。

本番が楽しみです。

2014年10月12日(日)
東部台文化会館(最寄り駅:茂原駅)
13:30開場 14:00開演

チラシはこちらをクリック

| 日常あれこれ | 18:50 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://anhiro.anhiro.net/trackback/126
トラックバック