*カテゴリー*
過去の日記
略歴

作曲家の秦万里子氏に師事したことをきっかけに作編曲を始める。
東京音楽大学作曲指揮専攻映画・放送音楽コースを卒業。
作編曲・音声制作・譜面制作を手がけた商品は270件を超える。
作曲・編曲の依頼を受け制作、また、ラウンジピアノ、DTMによるBGM制作等、ジャンルを問わない柔軟な姿勢で活動の幅を広げる。
長年歌い手として参加している「合唱」の作曲については特に大切に考え、力を入れている。
作曲を堀内貴晃氏に師事。
JASRAC会員。

<代表作>
「黒いゴムマリの歌」
「系図」
(Miela Harmonijaより出版)

QRコード
qrcode
ブログパーツUL5
<< 2冊入る 測量野帳カバー(バタフライストッパー付) | main | 浄書 DTPチェック完了 >>
ブレスのとりかた
歌でもピアノでも、ブレスのとりかたというのは基本であり、とても大切なことだと改めて感じさせられた有意義なレッスンを受けました。

ブレスのとりかた一つで、大部分の問題が解決しました。

音楽の表現を深めるのには、応用的なテクニックが必要かと思ったら、逆に、その度に基礎に立ち戻ることが必要なのだと噛み締めながら、皆で話しました。

歌と向き合うのに重要なヒントをもらったので、残りの練習に出て、音楽がどう変わっていくのかが本当に楽しみ。
| 合唱 | 10:29 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://anhiro.anhiro.net/trackback/109
トラックバック