*カテゴリー*
過去の日記
略歴

作曲家の秦万里子氏に師事したことをきっかけに作編曲を始める。
東京音楽大学作曲指揮専攻映画・放送音楽コースを卒業。
作編曲・音声制作・譜面制作を手がけた商品は270件を超える。
作曲・編曲の依頼を受け制作、また、ラウンジピアノ、DTMによるBGM制作等、ジャンルを問わない柔軟な姿勢で活動の幅を広げる。
長年歌い手として参加している「合唱」の作曲については特に大切に考え、力を入れている。
作曲を堀内貴晃氏に師事。
JASRAC会員。

<代表作>
「黒いゴムマリの歌」
「系図」
(Miela Harmonijaより出版)

QRコード
qrcode
ブログパーツUL5
【finale】pdfでエクスポートした際に、欄外に数字が表示される問題について
楽譜作成ソフトfinaleで「PDFエクスポートした際に欄外に数字が表示される問題」が頻繁に起こるのでカスタマーセンターに質問をしました。

お困りの方もいらっしゃるかもしれませんので、内容を記載しておきます。

 
ご不便をおかけ致しまして誠に申し訳ございません。

Windows環境でのPDF書き出しでは、連符とスラーなどが多くある楽譜において連符の数字が
ページの下部に表示されてしまう不具 合が確認されております。

ご指摘頂きました問題に関してWindows環境のFinale 2012,2014にて事象を確認しておりますが、
現時点では問題の解消が行われていない状態です。

また、根本的な問題の解消方法がないため、問題が起こった場合には、お手数ではございますが下記の方法にて問題の回避をお試しください。 ご不便をおかけ致しまして誠に申し訳ございません。

連符の数字を隠して代用の数字を「アーティキュレーション」ツールにて記号として配置することで問題の回避をお試しください。

・複数の連符の数字を隠すには 編集したい小節を選択ツールで選択し「ユーティリティ」メニュー> 「変更」>「連符」を開き「数字:」を「表示しない」に変更します。 「アーティキュレーション」ツールにて新しい記号を作成します。 連符の数字には「Times New Roman 12 太字 斜体」が設定されています。 また、「PDF」ではなく「XPS」形式でファイルの書き出しを行った場合 に問題が回避できるかをお試しいただけますでしょうか。


【XPSファイルについて】 「XPSファイル」とは、Windows Vista以降のOS(Windows Vista/ Windows 7/Windows 8)に標準搭載されている「Microsoft XPS Document Writer」を使用して書き出した「.xps」形式のファイルを指します。 Finaleにて、「Microsoft XPS Document Writer」を使用してXPSファイ ルを書き出す場合には、Finaleで該当の楽譜を開いた上、「ファイル」 メニュー>「印刷」を開きます。 「印刷」画面の「セットアップ」ボタンをクリックすると「プリンタの 設定」画面が表示されるので、「プリンタ名」欄をクリックして 「Microsoft XPS Document Writer」を設定して「OK」ボタンで画面を 閉じます。 「印刷」画面に戻るので、そのまま印刷を行います。

※操作が不明な場合には、以下のサイトもあわせてご参照ください。

■参考ページ(下記のページはMicrosoft社のサポートサイトです) ・「ここでは、XPS ドキュメントに関してよく寄せられる質問に対する 回答を示します。」 http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/XPS-documents-frequently-asked-questions ・「XPS Document Writer に出力するには」 http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Print-to-the-Microsoft-XPS-Document-Writer 書き出したXPSファイルを右クリック>「プログラムから開く」> 「XPSViewer」を選択すると「XPSViewer」が起動して楽譜が表示されま す。

※「プログラムから開く」メニュー内に「XPSViewer」が表示されてい ない場合には「規定のプログラムの選択」から「XPSViewer」を参照し てください。 ★

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村  
| 浄書 | 08:28 | - | trackbacks(0) |
浄書 付点のルールについて調べる


付点を付ける位置のルールについて確認したい事が出てきたため、Music Notationを開きます。



にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村  
| 浄書 | 06:03 | - | trackbacks(0) |
浄書作業 大詰め
現在、北海道の作曲家さんの浄書をやっております。
校了前の最終チェック中。

やっぱり、組曲ともなると校正作業も結構大変ですね。
でも、良き楽譜を歌い手の皆様にお届けすべく、そして、作曲家さんにも喜んでもらえるように作業を進めます。
 
| 浄書 | 08:03 | - | trackbacks(0) |
ただいま浄書中
浄書とは、手書きの楽譜を出版用に整える作業で、現在、北海道の作曲家さまの綺麗な手書き譜を浄書中。
出版が楽しみですね。

ご本人とは、コンクールの全国大会の際に千葉でお会いできるかも。
それも楽しみです。

 
| 浄書 | 23:36 | - | trackbacks(0) |
巨匠の合唱曲 浄書
おなじみの童謡をたくさん作曲した巨匠の合唱曲を浄書。

データ完成したので最終チェックいただいています。
ひとまず、区切りもついたし天気もいいので図書館に詩を見に行きましょう♪
| 浄書 | 12:21 | - | trackbacks(0) |
浄書 確認事項

□ タイトル(日本語)
□ タイトル(英語)
□ 作詞、作曲者(日本語)
□ 作詞、作曲者(ローマ字)
□ 小節内の左右一番端の音符と小節線との距離(詰まりすぎていないか。)
□ ブレス記号
□ ノーコピーマーク
□ 調号(注※転調)
□ パート名
□ テンポ指示記号 (注※ (音符=音符)や、3ノリの記号、なども。)
□ 拍子
□ 小節線
□ 小節番号
□ リハーサルマーク
□ ノンブル(ページ番号)
□ 楽語(注※つづり)
□ 余白
□ 強弱記号
□ cresc.などに付く点線
□ 臨時記号
□ 親切臨時記号(括弧有・無)
□ 欄外の表記(注釈、著作権表記など)
□ 各フォント
□ タイ、スラー
□ 音符付随記号(アクセント、テヌート、スタッカートなど)
□ 休符(位置など)
□ 各記号位置
□ 符幹
□ 符尾(リズム、連桁)
□ 歌詞(注※長音記号)
□ ローマナイズ(注※ハイフン、音引き線)
​□ 音高(音の高さ)
​□  連桁と三連符の傾きルール(三連符の括弧の始まり~終わり位置)

 
| 浄書 | 12:41 | - | trackbacks(0) |
楽譜校正の際、赤字や確認が入った部分の覚書
今回、楽譜の浄書・校正をする際に「赤字が入った点」「確認をした点」をまとめておこうと思います。


<ページ全体>
・ページの余白:左右上下、ノンブル(ページ番号)の位置
・各部分のフォントサイズ、フォント種類、フォントスタイル
・音楽の切れ目のレイアウト

<奥付・歌詞ページ>
・原詩と照らし合わせた場合の漢字orひらがなの表記違い
・作詩者、作曲者名前や社名の表記は特に注意


<表情記号など>
・クレッシェンド、ディクレッシェンドの始点と終点
・注釈表記(日本語と英語、両方で。)
・拍子記号をまたぐスラーが切れていないか

<歌詞>
・日本語歌詞の撥音の表記(小さい「っ」は休符)
・歌詞スラーの抜けがないか
・ハミングの表記 humをmを変更
・ボカリーゼを全て小文字で表記
・ローマナイズの撥音部分、アルファベットの分け方
(今回、パートごとに異なる場合は括弧表記も用いた。)
・ローマナイズで「を→○o ×wo」「〜へ→○e ×he」
・音引き線の抜けがないか
・無声音(×音符)のローマナイズ
・ローマナイズを落としてないか
・「じ」のローマナイズをjiに統一


<音符、組段、小節
・小節線と音符の距離
・拍子と小節幅の比率(4/4の中に2/4が出てきた場合は、2/4は狭く設定etc)
・縦の不揃いのチェック
・組段同士の幅のバランスを見る
・グループ括弧を太くする件
・小節線を段を超えて貫通させない
・連桁、三連括弧の角度が正しく表記されているか
・親切臨時記号が適所に表示されているか
・アクセントやスタッカートが正しい位置に表記されているか
・連桁を分けた方がいい場所がないかどうか


<テンポ、拍子>
・≒や=や楽後の使い分け
・テンポが意図した通りに表記できているか
・拍子に沿った表記で音符が連桁されているか


<今後>
・三善アクセントの表記方法
・強弱記号などを、初期設定で配置しやすくすること
・余白の基準の設定(出版社とも相談)
・「ふ」のローマナイズ
・プリントアウトした楽譜がどのファイルを出力したものなのかを書いておいたのはよかった

…ということでメモしましたので、校正に使ったたくさんの原稿を捨てることにします。
やっとプリンタ周りがスッキリしました。
| 浄書 | 18:14 | - | trackbacks(0) |
finale2012(Win7) PDF書き出し時に、上向きの付幹・旗がずれる問題
finaleで浄書をしていると、様々な壁に遭遇します。

Windows7 finale2012のファイルメニューからPDF書き出しをした場合に起こった不具合。


なぜか、上向きの音符の全ての付幹と旗がずれてしまうのです。
(付幹とは、音符の棒の部分です。)


<ずれてしまった音符>




<本来、あるべき姿は下記の通り>


一応、解決方法はあるのですが、それも根本的な解決なのかどうかわからないので、今後もPDF化には色々試行錯誤しなくてはいけない。



| 浄書 | 08:50 | - | trackbacks(0) |
finale2012(Win7) PDF化文字化けの解決方法

浄書のお仕事をしていた時に、困った問題にぶつかりました。
 (Windows7finale2012を使用しています。)

作った楽譜データをPDFで書き出す時に、歌詞やタイトルに使っていた小塚明朝Pr6Nのフォントが文字化けしてしまうのです。

解決方法がわかりましたので、まとめてみます。


[1]歌詞のフォントを選びます。
ここでは、例として「小塚明朝 Pr6N」を選びます。
※この状態でPDF書き出しをすると、文字化けします。
解決方法は下記をお読みください。



[2]
この次に、[書類]→[データ・チェック]→[フォント・ユーティリティ]を選びます。


[3]システムにないフォントをチェック   、にチェックマークを入れます。


[4]フォントを選んでいきます。

 

「-3音符マーク」が出たら、MSゴシックを選んでみます。


























[5]ここがポイント!!!


  ↓
「小塚明朝Pr6N」が出たら、「半角スペース+R(半角大文字)」を付け足します。

[6]歌詞ウインドゥを開くと、「小塚明朝 Pr6N R」のフォントが指定できています。


この状態で下記の手順で書き出せば、無事に文字化けしてないデータが作れます。
[ファイル]→[エクスポート]→[PDF]


私は、この方法で解決できました。






  




にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 浄書 | 16:03 | - | trackbacks(0) |
【問題解決!】finale2012 win7 PDF書き出しで文字化けする件
finale2012
OS:Windows 7

上記の環境にて、finaleから楽譜をPDFで書き出す際に文字化けするという問題が発生して手を焼いていたのですが、やっと解決にいたりました。

こちらに解決方法をまとめました→クリック


| 浄書 | 17:31 | - | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |